CAREER STEP

キャリアステップ

自分のスキルを棚卸し、1年後、3年後をイメージして自律したキャリアを構築

ソフトバンクアカデミア

グループ代表孫 正義は自らの後継者の発掘・育成を目的とした「ソフトバンクアカデミア」の設立を宣言し、2010年7月28日に開校しました。初代校長である孫自らが指導をするプログラムは、単なる講義だけではありません。受講者同士が相互に評価し合い、実践的に、切磋琢磨していくプログラムも用意されています。また、ソフトバンクグループ社員のみならず、グループ外にも門戸を開き、2011年6月からは外部生も入校しています。入校生は厳正な審査のうえ決定されており、さまざまなバックグラウンドを持った志の高いアカデミア生が、互いに刺激を与えあい、今後のソフトバンクグループを担う後継者を目指しています。

ソフトバンクイノベンチャー(新規事業提案制度)

社員による新規事業提案実現を支援する社内起業プログラム「ソフトバンクイノベンチャー(SoftBank InnoVenture)」を2011年度より実施しています。
本制度は、「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」「時価総額世界トップ10(200兆円規模)」をグループとして目指すためのビジョンの一つである「戦略的シナジーグループ5,000社」の実現に向け、その一端を担う新規事業を幅広く募集するものです。
ソフトバンクグループのさらなる飛躍につながる、独創性・革新性に富んだアイデアが続々と集まっています。

  • InnoVentureは、Innovation(変革)とVenture(ベンチャー)を組み合わせた造語です。
誰でも提案可 ソフトバンクグループ各社の社員であれば、誰でも提案可能です。
また、ソフトバンクグループ外との共同提案も可能です。
  • 2013年度より新卒内定者も対象にしています。
提案テーマは自由 ソフトバンクグループの経営理念「情報革命で人々を幸せに」と合致していれば、提案テーマは自由です。
自ら事業推進に参画 審査を通過し、事業化が決定した場合、原則としてその事業推進に参画することができます。
過去応募案件から、既に事業としてスタートしているものも複数あります。
イノベンチャー・ラボ 2016年度より、新規事業に関する知識やノウハウ、事業プランの検討方法など幅広い知識を習得可能なプログラム「イノベンチャー・ラボ」をスタートさせました。ソフトバンクイノベンチャーや新規事業立ち上げに興味があれば、ソフトバンクグループ社員は誰でも参加可能です。
  • 新卒内定者も対象です。
新規事業の立ち上げに関する知識やスキルのベースアップを目的とした育成プログラムを多数提供しております。

自己申告制度

年に1回、従業員が現在の職場への適応状況やチャレンジしたい業務を自己申告し、上司と面談を行うことで、本人の適性や将来のキャリアを考慮した配置・配属につなげます。