閉じる

インタビュー Interview

photo
今が、新しい世代の成長を
見守ってくれる
絶妙のタイミング。

匂坂 有吾

2018年 新卒入社 営業本部 第一営業部 営業1課

arrowread more

オフィスを中心に、街中の様々な場所でネットワーク環境を整えるお手伝いをしています。具体的には、Wi-Fi のアクセスポイントを設置することで、有線を無線化させたり、電波の入りやすさを改善させたりといった案件を手掛けています。

仕事の流れとしては、主にソフトバンクより依頼を受け、まずはお客様の課題や実現したいことを確認。そして、その内容や設置する現場の特徴に合わせてプランを考え、社内のエンジニアや工事スタッフと連携を図りながら、工事完了までを伴走していきます。

同じWi-Fi の設定でも、「誰でもアクセス出来る」「社員だけ」「ゲスト用」…など、様々。プラン内容も決まりきったものではなく、その都度オーダーメイドしていきます。通信の技術的な知識はもちろん、お客様とのやりとりや、プロジェクトに関わる人とのコミュニケーションなど学ぶことは沢山あります。

ちなみに私は文系だったということもあり、入社前に特別な知識はありませんでした。まだまだ勉強することは多いですが、臆することなく思いっきり仕事に向き合い、成長を感じることが出来ているのは、会社全体で新人を育てていこうというムードがあることが大きいです。2018年度入社の私たちが初の新卒採用ということもあり、ベテラン、中堅の先輩方からの手厚いフォローを受けることが出来ています。そして、私たちの世代やこれから新卒で入社する方が、将来的に会社を背負うポジションを担うことになるはずです。すごくチャンスのあるタイミングだと思いますね。

SBエンジニアリングのここがポイント

自身のキャリア志向に応じた
研修プログラムを受講可能

ソフトバンク社員との合同での集合研修を始め、空いている時間にいつでも受講可能な様々な研修に参加することが可能です。同じグループの社外の人から刺激を受けながら、継続的に成長していくことができる環境です。

photo ソリューションエンジニア
提案も、構築も、現場の確認も、
トータルで向き合うエンジニア。

鈴木 華絵

2013年 中途入社
営業本部 セールスエンジニアリング部

arrowread more

「フリーアドレスにするために有線を無線にしたい」「通信速度の遅さを解消したい」といったご要望に対して、情報システムの構築により、働く環境を整えるエンジニアの仕事です。営業を通してのプロジェクトだけでなく、自ら提案を行ったり、現場をチェックし指示を出したりすることもあるのが当社のエンジニアの特徴の一つです。

印象的な仕事は、入社してすぐにコンペに参加したプロジェクト。企業の合併に伴って、複数(6社)あった情報システムを一つにまとめるというものでした。自分なりに一生懸命こだわって作成した企画が抜擢され、受注額にして4000万円規模の案件を中心となって手掛けることになりました。

6つあった企業と情報システムを集約することは、技術的な部分だけでなく、それぞれの担当者の想いやタイプを汲み取る必要があり、一番苦労をした点でもあります。初めての作業も多く、困惑した部分も多かったですが、先輩たちの手厚いフォローによって約5ヶ月をかけて無事に納品。途中、海外から取り寄せていた機材が遅れ、空港に自ら取りに行くといったアクシデントもありましたが、とても貴重な経験を積むことが出来ました。

受け身ではなく、自ら積極的に動かなくてはならない大変さはありますが、お客様の顔が見えるからこそ、感謝のお言葉も身に沁みます。信頼をいただくことで直接相談を受けたり、新たな案件が舞い込んだりすることで、自分の仕事の価値とやりがいを強く感じることが出来ますね。

まだまだ業界的にも社内的にも男性に比べ女性のエンジニアは少ないです。私自身がロールモデルになることで、女性だからこそできる親身で寄り添ったサービスの価値を高め、男女関係なく活躍しやすい環境を生み出していきたいと思っています。

SBエンジニアリングのここがポイント

ソフトバンクグループ基準の待遇・制度

母体であるソフトバンク基準の労働環境が導入されています。例えば、コアタイムを廃止した「スーパーフレックスタイム」や、毎月最終金曜日は午後3時を退社推奨時間に定めた「プレミアムフライデー」など、様々な取組みが働きやすさに繋がっていると感じています。

photo モバイル設備エンジニア
電波をつなぎ、
インフラづくりの先端を担う。

中込 雄大

2014年 中途入社(ソフトバンク入社)
建設エンジニアリング本部 ネットワーク工事部

arrowread more

スマートフォンなどで使う“電波”を送受信する「モバイル基地局」の設置・改修工事を行っています。「電波が弱い」「通信速度が遅い」といった場所に対して、基地局を置かせていただいているオーナー様との打ち合わせのもと、機器を使った電波の測定、工事に必要な図面の作成や部材の調達、職人の手配などを一貫して担当。工事完了までを手掛けていきます。

「技術職」と聞くと、バリバリの理系のイメージが強いかもしれませんが、実際は、オーナー様とのやりとりや、仕入れ先の業者、職人とのスケジュール調整など、沢山の人を巻き込み、プロジェクトを進めていく推進力が必要な仕事です。イレギュラーな場面での判断も求められるので、柔軟な思考も大切ですね。

現場は、1日で完了する場所もあれば、2ヶ月程かけてビル全体を手掛けるケースもあります。どの案件にしても、自分が関わったことで電波が入ったり、通信速度が劇的に上がったりすることを確認できた瞬間は感動もの!自分たちの仕事が、この国のインフラを支えていることを実感する瞬間でもあります。

基地局の専門工事部隊を立ち上げたのは今から3年前。ソフトバンクグループの中で、あらゆる工事を完結させるためにスタートしました。私は立ち上げ当初から携わっているのですが、当時に比べ事業規模は10倍に成長。今後も拡大を続けていくためにも、技術力の向上や、オーナー様のニーズを汲み取る精度を高めることで、より求められる組織を目指していきます。

SBエンジニアリングのここがポイント

ソフトバンクグループの強みが武器になる

最先端の技術を開発しているソフトバンクグループだからこそ、解決できる案件も非常に多いです。そうした技術を最終的に現場で活かすことが私たちの役割。フットワーク軽く、誰よりもオーナー様や、ユーザーの方の近くで、最新技術を身近なサービスへと変換していきます。

photo モバイル設備エンジニア
強烈な後ろ盾が
成長を後押ししてくれる。

斉藤 輝

2018年 新卒入社
建設エンジニアリング本部 ネットワーク工事部

arrowread more

「モバイル基地局」の設置・改修工事を通じて、スマートフォンや携帯電話などの繋がりやすさの改善を行うことが私の仕事です。基地局設置場所のオーナー様のニーズをお伺いし、どのような工事をどのような流れで行うかを調整しています。

私が入社をした2018年が、SBエンジニアリングにとって初めての新卒採用でした。同期を除く先輩や上司には、一回り、二回り以上年上の方が比較的多い職場です。落ち着いていて、優しく接してくれる方ばかりなので、変な気疲れはありませんね。そして、みなさん経験と高い技術を持っており、学べることばかり。初めてのことや、どうしても分からないことがあった時に、“答え”を持っている人が周りに沢山いるので心強いです。

また、ソフトバンクグループであることの利点も感じながら働いています。最新の技術力を提供できることはもちろん、初めて接するお客様でも、ネームバリューによってスムーズに話を進めることが多いです。そして、グループの社員合同で行う研修への参加も刺激的な経験となりました。様々な面で、グループとしての基盤の強さを実感することができています。

先輩や、会社、グループ…と、強い後ろ盾があるからこそ、着実な成長を続けられています。学び、経験を積むことで仕事の幅が広がれば、お客様や、会社へもっと貢献できることも増えていくはず。挑戦を続けながら、自分の価値を高めていきたいです。

SBエンジニアリングのここがポイント

資格取得支援制度が充実

電気工事士や電気主任技術者といった、技術系の資格をはじめ、簿記、ITパスポート、オフィス(Word、Excel…)、キャリアコンサルタントなど、幅広い資格の取得支援があります。普段の業務以外でも、学びや成長を応援する環境が整っています。

photo 企画職
社内ジョブポスティング制度で、
自分の可能性を広げる。

東大路 幸徳

2005年 新卒入社(ソフトバンク入社)
営業本部 ビジネス企画部

arrowread more

入社以来SEとして企業のLAN構築などを手掛けてきました。次のキャリアを考えた時に、「より企画色の強い仕事がしたい」「経営視点を身に付けたい」と感じ、現在の部署に異動をしました。その時に使ったのが、社内のジョブポスティングシステム。これは、自分が希望する部署を申請し、希望先の部署から受理されることでそれぞれの志向に合ったキャリアを歩むことができる制度です。(社内で募集案件が出た場合に実施されます。)

現在行っているのは、ストックビジネスの立ち上げプロジェクト。単発ではなく、ランニングで収益を得られる仕組みづくりを企画しています。課題に対して解決策を講じるだけではなく、課題の発見からスタートし、0から生み出していくことがほとんど。ルールやマニュアルがないからこその面白さと同時に、企画の内容も、進め方も、素材の選定も自由であることの大変さを感じながら働いています。

分からないことも多く、正直、戸惑う部分はまだまだ多いですが、これまで無かった視点を持てたり、成長意欲を促進させる刺激を日々感じることが出来ています。自ら手を挙げることで、会社の中で新しいチャレンジができる環境はありがたいです。周りの巻き込み方や、経営層とのやりとりなどの能力を磨き、よりコアな部分からの仕事を手掛け、企画のプロを目指していきたいです。

SBエンジニアリングのここがポイント

会社のコトを、自分ゴトに。

以前、社内のワークショップが開かれました。内容は会社の5年後をみんなで考えるというもの。その他にも、経営状況の共有や、経営層の想いや展望を直接聞ける機会もあります。組織が大きくなると、会社全体のことが見えにくくなりがちですが、“自分ゴト”として参加している感覚が持ちやすい会社だと思います。